Web Analytics Made Easy - StatCounter

うずまきぐ~るぐる 

*** 新しい本との出合いがきっとある★書評ブログ ****

本の紹介(女性作家あ行)

【感想・あらすじ・レビュー】美しき一日の終わり:有吉玉青

美しき一日の終わり:有吉玉青著のレビュー・あらすじを掲載しています。

【感想・あらすじ・レビュー】黄金比の縁:石田夏穂

黄金比の縁:石田夏穂著の感想・あらすじを掲載しています。(ネタバレなし)

【感想・あらすじ・レビュー】ハンチバック:市川沙央

ハンチバック:市川沙央著(文藝春秋)のレビュー・あらすじを掲載しています。

【感想・あらすじ・レビュー】挿絵の女 単行本未収録作品集:有吉佐和子

挿絵の女:有吉佐和子著のレビュー・あらすじを掲載しています。

【感想・あらすじ・レビュー】花に埋もれる:彩瀬まる

花に埋もれる:彩瀬まる著のレビュー・あらすじを掲載しています。

【感想・あらすじ・レビュー】僕の女を探しているんだ:井上荒野

大ヒットドラマ「愛の不時着」に心奪われた著者による熱いオマージュ「僕の女を探しているんだ」井上荒野著のレビュー・あらすじを掲載しています。

【書評・あらすじ・感想】ケチる貴方:石田夏穂

「ケチる貴方」石田夏穂著のレビュー・あらすじを掲載しています。

【書評・感想・あらすじ】まっとうな人生:絲山秋子

河出書房の「まっとうな人生」絲山秋子著のレビューを掲載しています。

【レビュー】有吉佐和子の本棚:有吉佐和子

【ブックレビュー】有吉佐和子の本棚:有吉佐和子著のレビューを掲載しています。

【レビュー・感想・あらすじ】9月9日9時9分:一木けい

9月9日9時9分:一木けい著(小学館)のレビュー・あらすじです。

【レビュー】閉店時間:有吉佐和子

閉店時間:有吉佐和子著のレビューです。 閉店時間 (河出文庫) 作者:有吉佐和子 河出書房新社 Amazon ☞読書ポイント ちょっと前のデパートの裏側。お仕事小説の先駆けです。 【つなぐ本】本は本をつれて来る ☞読書ポイント お仕事小説の先駆けとも言える一冊…

【感想・あらすじ・書評】とんこつQ&A:今村夏子

とんこつQ&A:今村夏子著(講談社)のレビューを掲載しています。

【レビュー】夢を見る:性をめぐる三つの物語:石原燃 

夢を見る:性をめぐる三つの物語:石原燃著のレビューです。 ☞読書ポイント 目を背けちゃいけない3つのテーマを脚本形式で読む 【つなぐ本】本は本をつれて来る 夢を見る: 性をめぐる三つの物語 作者:石原 燃 アジュマ Amazon ☞読書ポイント 3つのテーマを脚…

【レビュー】老婦人マリアンヌ鈴木の部屋:荻野アンナ

老婦人マリアンヌ鈴木の部屋:荻野アンナ著のレビューです。 ☞読書ポイント 女性が集まるところには、目まぐるしく話もやってくる! 【つなぐ本】本は本をつれて来る 老婦人マリアンヌ鈴木の部屋 作者:荻野 アンナ 朝日新聞出版 Amazon ☞読書ポイント 介護す…

【レビュー】羊は安らかに草を食み:宇佐美まこと

羊は安らかに草を食み:宇佐美まこと著のレビューです。

【レビュー】平場の月:朝倉かすみ

平場の月:朝倉かすみ著のレビューです。 平場の月 作者:朝倉 かすみ 発売日: 2018/12/21 メディア: Kindle版 行く先の切符を与えられてから乗る列車.....そんな恋愛小説のキツさが身に沁みる いろんな恋愛小説があるけれども、これはかなりキツイパターンの…

【レビュー】類: 朝井まかて

類: 朝井まかて著の感想です。 類 (集英社文芸単行本) 作者:朝井まかて 発売日: 2020/09/25 メディア: Kindle版 森家の人々と類の生涯を描く 森鴎外の子供といえば、森茉莉がまず思い浮かぶ。次に小堀杏奴。自分の中ではこの二人くらいがぜいぜいで、他に子…

【レビュー】天の花 なでし子物語:伊吹有喜

天の花 なでし子物語:伊吹有喜のレビューです。 ☞読書ポイント おしまいかぁ、おしまいなのね。 【つなぐ本】本は本をつれて来る 天の花 なでし子物語 作者:伊吹 有喜 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2018/02/09 メディア: 単行本 ☞読書ポイント 「なで…

【レビュー】赤い砂を蹴る:石原燃

赤い砂を蹴る:石原燃著のレビューです。 赤い砂を蹴る (文春e-book) 作者:石原 燃 発売日: 2020/07/13 メディア: Kindle版 亡くなった者と向き合う旅は、赤い砂を蹴りながら 石原燃さんは劇作家であり、母親は作家の津島佑子氏。と来れば、祖父は太宰治とい…

【レビュー】輪舞曲:朝井まかて

輪舞曲:朝井まかて著のレビューです。 輪舞曲 作者:まかて, 朝井 発売日: 2020/04/17 メディア: 単行本 「四十になったら死ぬの」が口癖だったという女優・伊澤蘭奢 ものすごく楽しみにしていた1冊。メディアでも評判が良かったし、大好きなテーマである女…

【レビュー】木になった亜沙: 今村夏子

木になった亜沙: 今村夏子著のレビューです。 木になった亜沙 (文春e-book) 作者:今村 夏子 発売日: 2020/04/06 メディア: Kindle版 変化のスライド具合がすごい。この発想はどこからくるのだろう? なんと表現したらよいのだろう? ・・・という問題は、今…

【レビュー・あらすじ・感想】雲を紡ぐ :伊吹有喜

雲を紡ぐ :伊吹有喜著のレビュー・あらすじを掲載しています。

【レビュー】ホテルカクタス:江國香織

ホテルカクタス:江國香織著のレビューです。 ホテルカクタス (集英社文庫) 作者:江國 香織 発売日: 2004/06/17 メディア: 文庫 ずっと彼らの生活を覗いていたかった。ホテルカクタスはちょっと不思議な空間。 またまた積みっぱなしだった本に着手!少しだけ…

【レビュー】ぷえるとりこ日記:有吉佐和子

ぷえるとりこ日記:有吉佐和子著のレビューです。 ぷえるとりこ日記 (岩波文庫) 作者:有吉 佐和子 岩波書店 Amazon 同じ景色を見ても、感じることは育ってきた環境によって随分と違う。各国の学生の視点から見えて来たものは・・・。 有吉さんの作品のなかで…

【レビュー】御社のチャラ男:絲山秋子

御社のチャラ男:絲山秋子著のレビューです。 御社のチャラ男 作者:絲山 秋子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2020/01/23 メディア: 単行本 あなたの近くにもきっといるチャラ男 面白そう、なんて興味をそそられるタイトルなんでしょう。 会社勤めしている…

【レビュー】澪つくし:明野 照葉

澪つくし:明野 照葉著のレビューです。 澪つくし 作者:明野 照葉 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2006/05 メディア: 単行本 彷徨いつづける亡き人々の・・・ ちょっと気になっていた明野 照葉さん、初めて読んでみました。 がっつりホラー系を想像して…

【レビュー】花ならば赤く:有吉佐和子

花ならば赤く:有吉佐和子著のレビューです。 花ならば赤く posted with ヨメレバ 有吉佐和子 集英社 2014年07月18日 Amazon Kindle 口紅会社に勤める新卒の小悪魔 やっぱり面白いです、有吉さんの小説!本書は有吉さんが30歳の時に描いた作品で、主人公の…

【レビュー・あらすじ・感想】暗黒少女:秋吉理香子

暗黒少女:秋吉理香子著のれびゅー・あらすじを掲載しています。

【レビュー】処女連祷:有吉佐和子

処女連祷:有吉佐和子著のレビューです。 処女連祷 (集英社文庫) 作者: 有吉佐和子 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 1986/11 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 良家のお嬢さまたちの関心ごと、結婚! 有吉佐和子さんの初期の作品。 団地の妻たち…

【レビュー】離陸 絲山秋子

離陸 絲山秋子著のレビューです。 離陸 作者:絲山 秋子 文藝春秋 Amazon ☞読書ポイント 【感想】今までとはひと味違った絲山作品の魅力が! 【つなぐ本】本は本をつれて来る ☞読書ポイント いつもと一味違う絲山作品が楽しめる。舞台はパリ、熊本、唐津、四…