うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

本の紹介(女性作家な行)

【レビュー】夢見る帝国図書館:中島京子

夢見る帝国図書館:中島京子著のレビューです。 夢見る帝国図書館 作者:京子, 中島 発売日: 2019/05/15 メディア: 単行本 図書館の歴史を辿りながら、思い切り本の世界に浸ろう! なんだろう、読んでいることの幸福感を何度も感じさせてもらえた心地の良い一…

【レビュー】サムのこと 猿に会う: 西加奈子

サムのこと 猿に会う: 西加奈子著の感想です。 サムのこと 猿に会う (小学館文庫) 作者:加奈子, 西 発売日: 2020/03/06 メディア: 文庫 ありふれたシチュエーションの中に潜む細やかな笑いが何度も押し寄せる ひさしぶりの西さんの小説。タイトルから一つの…

【レビュー】銀橋:中山可穂

銀橋:中山可穂著のレビューです。 銀橋 作者:中山 可穂 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/09/21 メディア: 単行本 美しい舞台にあるものは・・・・ 「男役」・「娘役」 に続く「銀橋」。3部作の最終回ということです。ずっと続くのだと思っていたの…

【レビュー】永い言い訳:西川美和

永い言い訳:西川美和著のレビューです。 永い言い訳 posted with ヨメレバ 西川 美和 文藝春秋 2015年02月25日 Amazon Kindle 読み終わってはじめてタイトルの「永い言い訳」という言葉がストンって音を立てて落ちていく 読みたいと思いつついつも予約が入…

【レビュー】椿宿の辺りに:梨木 香歩

椿宿の辺りに:梨木 香歩著のレビューです。 椿宿の辺りに posted with ヨメレバ 梨木香歩 朝日新聞出版 2019年05月 Amazon Kindle 「f植物園の巣穴」を読んでからの方がより理解しやすいですよ! 書き始め早々ぼやきになってしまいますが、本書を読む前に「…

【レビュー】団欒:乃南アサ

団欒:乃南アサ著のレビューです。 団欒(新潮文庫) 作者: 乃南アサ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/12/05 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 「家族だから」、「家族でも」━この二つの言葉が行ったり来たり・・・ へたなホラーよりず…

【レビュー】私以外みんな不潔:能町みね子

私以外みんな不潔:能町みね子著のレビューです。 私以外みんな不潔 作者: 能町みね子 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2018/11/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 幼稚園の手前の太い道の交差点は相変わらずこの世とあの世とを分ける境界線の…

【レビュー】ふる: 西加奈子

ふる: 西加奈子著のレビューです。 ふる 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2012/12/06 メディア: 単行本 クリック: 7回 この商品を含むブログ (14件) を見る ◆言葉があなたにふってくる さて、今回もまた違ったテイストの作品に出会い…

【レビュー】円卓:西加奈子

円卓:西加奈子著のレビューです。 円卓 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2011/03/05 メディア: 単行本 クリック: 25回 この商品を含むブログ (24件) を見る ◆「眼帯」に憧れる少女の日常は笑いの玉手箱 「なんで、て聞くなやぼけが」「お…

【レビュー】樽とタタン:中島京子

樽とタタン:中島京子著のレビューです。 樽とタタン 作者: 中島京子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2018/02/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る ◆自分の居場所って大事です ん?ダジャレ好き?中島さんったら!ってまずタイトルを見…

【レビュー】おまじない:西加奈子

おまじない:西加奈子著のレビューです。 おまじない (単行本) 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2018/03/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る ◆あの時誰かがかけてくれた一言が、 その人にとって「おまじない」のよう…

【レビュー】舞台 :西加奈子

舞台 :西加奈子著のレビューです。 舞台 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/01/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (11件) を見る ◆観客ゼロでも立てる大舞台 いやいや、今回も面白い設定で!西さんと言えば、わりと大勢の人々が…

【レビュー】からくりからくさ:梨木香歩

からくりからくさ:梨木香歩著のレビューです。 からくりからくさ (新潮文庫) 作者: 梨木香歩 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2001/12/26 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 22回 この商品を含むブログ (152件) を見る 蓉子と一緒に昔を振り返りながら……

【レビュー】漁港の肉子ちゃん: 西加奈子

漁港の肉子ちゃん: 西加奈子著のレビューです。 漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫) 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2014/04/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (18件) を見る ◆「すごーいいいい、すごおおおいいいいいっ」これは一体?…

【レビュー】妻が椎茸だったころ:中島 京子

妻が椎茸だったころ :中島 京子著のレビューです。 妻が椎茸だったころ posted with ヨメレバ 中島 京子 講談社 2016年12月15日 Amazon Kindle 自分の前世、食材だとなに? タイトルのインパクト、すごいですね。一体、この人の妻はどんな人なのか?物語が…

【レビュー】通天閣:西加奈子

通天閣:西加奈子著のレビューです。 通天閣 (ちくま文庫) 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2009/12/09 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 23回 この商品を含むブログ (14件) を見る ◆「阿波踊り」したくなっちゃうようなリアルな面白さ…

【レビュー】家守綺譚: 梨木香歩

家守綺譚: 梨木香歩著のレビューです。 家守綺譚 作者: 梨木香歩 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2004/01/01 メディア: 単行本 購入: 6人 クリック: 160回 この商品を含むブログ (216件) を見る ◆不思議なことをそのまま日常として受け入れる そこがまた…

【レビュー】村田エフェンディ滞土録:梨木香歩

村田エフェンディ滞土録:梨木香歩著のレビューです。 村田エフェンディ滞土録 (角川文庫) 作者: 梨木香歩 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2007/05/01 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 40回 この商品を含むブログ (124件) を見る 「家守綺譚」の高堂…

【レビュー】娘役:中山可穂

娘役:中山可穂著のレビューです。 娘役 作者: 中山可穂 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2016/04/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 宝塚とヤクザの世界が合わさって・・・ まだ見ぬ世界、宝塚。 同著者の「男役」を読ん…

【レビュー】i(アイ) : 西加奈子

i(アイ) : 西加奈子著のレビューです。 i(アイ) 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2016/11/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る この世界にアイは存在する?存在しない? この本の感想をいざ書こうとすると、これがまた…

【レビュー】FUTON:中島京子

FUTON:中島京子著のレビューです。 FUTON (講談社文庫) 作者:中島京子 発売日: 2014/06/13 メディア: Kindle版 中島京子が「蒲団」を打ち直おす! 本書は田山花袋の「蒲団」を本歌取りした小説です。この本を読む前に予習として本家の「蒲団」も読んでみま…

【レビュー】のろのろ歩け:中島京子

のろのろ歩け:中島京子著のレビューです。 のろのろ歩け 作者:中島 京子 発売日: 2012/09/27 メディア: 単行本 慢慢走 忙しいあなたに伝えたくなる言葉と旅 中国語 慢慢走(マンマン・ゾウ) 直訳だと、のろのろ歩け、のんびり行けや。という意味らしい。登…

【レビュー】まく子:西加奈子

まく子:西加奈子著のレビューです。 まく子 (福音館の単行本) 作者:西加奈子 発売日: 2016/02/25 メディア: 単行本 思春期特有のモヤっとしたものをひとつひとつ束ねてゆく。それはおとなになるためにぼくらがするはじめての大仕事なのだ。 絵本だと思って…

【レビュー】彼女に関する十二章:中島京子

彼女に関する十二章:中島京子著のレビューです。 彼女に関する十二章 作者:中島 京子 発売日: 2016/04/06 メディア: 単行本 中島京子の「彼女に関する十二章」に、伊藤整の「女性に関する十二章」が重なり合う いくつになっても人は新鮮な驚きを体験するも…

【レビュー】炎上する君:西加奈子

炎上する君:西加奈子著のレビューです。 炎上する君 作者:西 加奈子 発売日: 2010/04/29 メディア: 単行本 これもまた西加奈子! 「ん?これはまた…」私が読んだ西加奈子さんの2冊の作品と、ちょっと様子が違うと数ページ読んで早くも感じた。 本書は短編8…

【レビュー】女中譚:中島京子

女中譚:中島京子著のレビューです。 女中譚 作者:中島 京子 発売日: 2009/08/07 メディア: 単行本 昭和の女中が秋葉原のメイドカフェに現る! ・林 芙美子「女中の手紙」・吉屋信子の「たまの話」・永井荷風の「女中のはなし」 以上3つの短編をモチーフに…

【レビュー】マルシェ・アンジュール:野中柊

マルシェ・アンジュール:野中柊著のレビューです。 マルシェ・アンジュール 作者:野中 柊 発売日: 2007/10/12 メディア: 単行本 夜中のスーパーへきっと行きたくなる物語 今では24時間スーパーも珍しくない存在になりました。 たまに遅くまで飲んで終電で帰…

【レビュー】海うそ:梨木香歩

海うそ:梨木香歩著のレビューです。 海うそ 作者:梨木 香歩 発売日: 2014/04/10 メディア: 単行本 ひとこま、ひとこま、圧倒的な自然描写の美しさに包まれて 「海うそ」ってなんだろう?梨木さんが作った言葉なのか?それとも何か深い意味をもった言葉のか…

【レビュー】水曜日の凱歌:乃南アサ

水曜日の凱歌:乃南アサ著のレビューです。 水曜日の凱歌 posted with ヨメレバ 乃南アサ 新潮社 2015年07月22日 Amazon Kindle 特殊慰安施設で働く母親を見ながら育つ少女の葛藤を描く 戦後の進駐軍の性の「防波堤」として働いた女性達の話という題材に興味…

【レビュー】世界の果てのこどもたち:中脇初枝

世界の果てのこどもたち:中脇初枝著のレビューです。 世界の果てのこどもたち (講談社文庫) 作者:中脇初枝 発売日: 2018/11/15 メディア: Kindle版 もっともっと世に出て欲しいと思えた作品です 戦中、戦後と、それぞれの国の子供たちが過酷な状況からその…