Web Analytics Made Easy - StatCounter

うずまきぐ~るぐる 

*** 新しい本との出合いがきっとある★書評ブログ ****

【新刊一覧】-発売されたらすぐ読みたい小説- 最新!発売情報 2023~

 

 

ここでは私が読み逃したくないと思う小説やエッセイ、新聞広告やTwitterなどで話題になっている本を見つけて掲載していきます。気になる本がありましたら是非、ご購入や図書館の早め予約などにお役立てください。鮮度を保つために更新は随時していきますので、ちょこちょこと覗いてみてくださいませ。

※詳細はリンク先のAmazonで。

2023/5/19 更新しました!

▼ボタンを押すと折りたたんでご覧になれます。

 

2023年

 

2023年7月

■津村記久子 うどん陣営の受難

■高瀬隼子 いい子のあくび書評あり

 ■小田雅久仁 ➡おもしろそうです。新潮社中瀬さんの話を是非参考に! 

■米澤穂信 可燃物

■酒井順子 書評あり 本棚には裏がある

■エドワード・ケアリー B:鉛筆と私の500日

■村井理子(翻訳) 射精責任

■皆川博子 天涯図書館

■赤松利一 救い難き人

■瀬尾まいこ 私たちの世代は

■高野秀行 イラク水滸伝

■ニシダ 不器用で

■児玉雨子 芥川賞候補  ##NAME##

■矢崎在美 湯治場のぶたぶた (光文社文庫)

■川上未映子 深く、しっかり息をして 川上未映子エッセイ集

■窪美澄 書評あり ルミネッセンス 

■村田喜代子・木下晋 存在を抱け! 〔二人のコスモロジーの対決〕

■森絵都 獣の夜

■高山羽根子 ドライブイン・真夜中

■貴志祐介 梅雨物語 (角川書店単行本)

■近藤史恵 ホテル・カイザリン

■重松清 カモナマイハウス (単行本)

■東直子 ひとっこひとり

■門井慶喜 書評あり 天災ものがたり

■村雲菜月 群像新人文学賞受賞作 もぬけの考察

■白石一文 神秘(上) (講談社文庫)

 

 

 

 

2023年8月

■木内昇 かたばみ

■寺地はるな わたしたちに翼はいらない

■千早茜 書評あり マリエ

■燃え殻 エッセイ ブルー ハワイ

■東亮太 夜行奇談

■万城目学 八月の御所グラウンド

■古内一絵 百年の子

■プレイディみかこ リスペクト――R・E・S・P・E・C・T (単行本)

■宮内悠介 ラウリ・クースクを探して

■小野寺史宜 夫妻集

■益田ミリ ヒトミさんの恋

■染井為人 黒い糸

■林芙美子 トランク-林芙美子大陸小説集 (中公文庫, は54-6)

■篠田節子 ドゥルガーの島

■中脇初枝 伝言

 ■村田喜代子 新古事記

 ■川上弘美 恋ははかない、あるいは、プールの底のステーキ

 

2023年9月

■伊坂幸太郎 777 トリプルセブン

■武田綾乃 可哀想な蠅

■梨木果歩 歌わないキビタキ

■東野圭吾 あなたが誰かを殺した

■桜木紫乃 ヒロイン

■中山七里 いまこそガーシュウィン

■京極夏彦 鵼の碑

■畑野智美 ヨルノヒカリ (単行本)

■近藤史恵 間の悪いスフレ (創元クライム・クラブ)

■三上延 百鬼園事件帖

■小路幸也 からさんの家 伽羅の章

■斉藤真理子 本の栞にぶら下がる

■江國香織 シェニール織とか黄肉のメロンとか

■群ようこ こんな感じで書いてます

■今村昌弘 でぃすぺる

■青山美智子 リカバリー・カバヒコ

■武田砂鉄 なんかいやな感じ

■朝比奈あすか ミドルノート 

 

 

 

 

2023年10月

■甲斐みのり 朝おやつ

■桜木紫乃  彼女たち

■梨木香歩 蛇の棲む水たまり

■秋吉理香子 無人島ロワイヤル

■藤野千夜 じい散歩 妻の反乱

■黒柳徹子 続 窓ぎわのトットちゃん

■村井理子 実母と義母

 ■高瀬隼子 うるさいこの音の全部

■原田ひ香 喫茶おじさん

■ 瀧羽麻子 東家の四兄弟

■小川哲 君が手にするはずだった黄金について

■加藤シゲアキ なれのはて

■堀江敏幸 中継地にて-回送電車Ⅵ (単行本)

■山田詠美 書評あり 肌馬の系譜

■村山由佳 記憶の歳時記

■小手鞠るい 未来地図

■金原ひとみ ハジケテマザレ

 ■中村文則 

■吉川トリコ コンビニエンス・ラブ

■黒川博行 悪逆

■乾ルカ 葬式同窓会 (単行本)

■津原泰水 夢分けの船

■小路幸也 マンション フォンティーヌ

 ■月村了衛 半暮刻

 ■夏川草介 スピノザの診察室

■あさのあつこ 野火、奔る

■ 木爾チレン 神に愛されていた

■最果タヒ 恋できみが死なない理由

■逢坂冬馬 歌われなかった海賊へ

      ➡「同士少女よ、敵を撃て」の逢坂さんの新刊

 

2023年11月

■原田マハ 黒い絵

■岸政彦  にがにが日記

■西加奈子 書評あり 西加奈子最新短編小説集『わたしに会いたい』

■井上荒野 照子と瑠衣

■絲山秋子 神と黒蟹県

■筒井康隆 カーテンコール

■凪良ゆう 星を編む

■今野敏 台北アセット

■村山早紀 さやかに星はきらめき

■芦花公園 食べると死ぬ花

■小川糸 椿ノ恋文

 ■町田そのこ 夜明けのはざま

■穂村弘 蛸足ノート (単行本)

■宮木あや子 令和ブルガリアヨーグルト

■山本幸久 おでんオデッセイ

■貫井徳郎 龍の墓

■川﨑秋子 直木賞候補作 ともぐい

■中山七里 こちら空港警察

■ヤマザキマリ 扉の向う側

■北沢陶 をんごく

■宮部みゆき 宮部みゆきが「本よみうり堂」でおすすめした本 2015-2019 (中公新書ラクレ, 803)

■益田ミリ ランチの時間

■花房観音 シニカケ日記

■林真理子 平家物語

■平戸萌 私が鳥のときは

■桂望実 この会社、後継者不在につき

■谷川俊太郎 その世とこの世

■道尾秀介 きこえる

■一穂ミチ ツミデミック

■頭木弘樹 当事者対決! 心と体でケンカする

■ヤマザキマリ 貧乏ピッツァ

■石井仁蔵 エヴァーグリーン・ゲーム

 

2023年12月

■綿矢りさ パッキパキ北京

■柴崎友香 続きと始まり

■岸政彦 大阪の生活史 (単行本 --)

■湊かなえ 人間標本

■雨穴 変な家2 十一の間取り図

■垣谷美雨 墓じまいラプソディ

■雨宮まみ 40歳がくる!

■今村翔吾 戦国武将伝 西日本編

      戦国武将伝 東日本編

■長野まゆみ 湖畔地図製作社

■小西マサテル 名探偵じゃなくても (『このミス』大賞シリーズ)

■名取佐和子 文庫旅館で待つ本は (単行本 --)

 

 

2024年1月

今月は芥川賞候補作が続々と出版。また、大人気のあの成瀬が再びやって来る!

■窪美澄 ぼくは青くて透明で

■井上荒野 錠剤F

■群ようこ しあわせの輪 れんげ荘物語

■加納朋子 1(ONE) (創元クライム・クラブ)

■森見登美彦 シャーロック・ホームズの凱旋 (単行本)

■角幡唯介 書くことの不純 (単行本)

■西原恵理子 ダーリンは78歳

■宮島未奈 成瀬は信じた道をいく 「成瀬」シリーズ

■東野圭吾 ブラック・ショーマンと覚醒する女たち

■織守きょうやキスに煙

■中山七里 彷徨う者たち

■吉田篤弘 羽あるもの

■村山由佳 二人キリ

■大前栗生 チワワ・シンドローム

■朝井まかて 秘密の花園

■佐藤正午 冬に子供が生まれる

■高瀬隼子 め生える

■白川尚史 ファラオの密室

■柚月裕子 風に立つ (単行本)

■三木三奈 芥川賞候補作アイスネルワイゼン

■九段理恵 芥川賞候補作東京都同情塔

■小砂川チト 芥川賞候補作猿の戴冠式

■金原ひとみ アンソーシャル ディスタンス

■恩田陸 夜明けの花園

■川野芽生 芥川賞候補作Blue (集英社文芸単行本)

■永井沙耶子 きらん風月

■丸山ゴンザレス タバコの煙、旅の記憶 (わたしの旅ブックス)

■最果タヒ 落雷はすべてキス

 

 

 

 

2024年2月

■村上春樹 中国行きのスロウ・ボート (単行本)

■小野寺史宜 うたう

■石井光太 無縁老人 高齢者福祉の最前線

■伊岡瞬 水脈

■頭木弘樹 口の立つやつが勝つってことでいいのか

■江國香織 川のある街

■村上春樹 デヴィッド・ストーン・マーティンの素晴らしい世界

■古賀及子 おくれ毛で風を切れ

■古賀及子 気づいたこと、気づかないままのこと

■中山七里 有罪、とAIは告げた

■凪良ゆう ニューワールド-凪良ゆうの世界 (単行本)

■下村敦史 そして誰かがいなくなる (単行本)

■角田光代 方舟を燃やす

■碧野圭 レイアウトは期日までに

■北村薫 中野のお父さんと五つの謎

■長井短 私は元気がありません

■池澤夏樹 天はあおあお 野はひろびろ 池澤夏樹の北海道

■岸本葉子 毎日の暮らしが深くなる季語と俳句

■逢崎遊 正しき地図の裏側より

■いとうせいこう 東北モノローグ

■吉田篤弘 それでも世界は回っている 3

■夏川草介 君を守ろうとする猫の話

 

 

 

2024年3月

■三浦しをん しんがりで寝ています

■秋吉理香子 殺める女神の島

■中島京子 うらはぐさ風土記

■坂木司 うまいダッツ

■原田ひ香 定食屋「雑」

■五十嵐貴久 十字路

■原田マハ 板上に咲く MUNAKATA: Beyond Van Gogh

■群ようこ 捨てたい人 捨てたくない人

■林真理子 マリコ、アニバーサリー

■群ようこ 老いてお茶を習う

■岸本葉子 60代、ひとりの時間を心ゆたかに暮らす

■新井素子 定年物語 (単行本)

■近藤史恵 山の上の家事学校 (単行本)

■ふかわりょう いいひと、辞めました

■朝倉秋成 家族解散まで千キロメートル

■北村薫 不思議な時計 本の小説

■神永学 マガツキ

■恩田陸 spring (単行本)

■柚月麻子 あいにくあんたのためじゃない

■あさのあつこ 闇医者おゑん秘録帖-碧空の音 (単行本)

■貴志祐介 兎は薄氷に駆ける

■凪良ゆう 新装版 積木の恋 (単行本)

■小林エリカ 彼女たちの戦争 嵐の中のささやきよ! (単行本 --)

■大塚ひかり 傷だらけの光源氏

■九段理江 しをかくうま

■青山ゆみこ 元気じゃないけど、悪くない

■寺地はるな こまどりたちが歌うなら

■一木けい 彼女がそれも愛と呼ぶなら

■田丸雅智 白線以外、踏んだらアウト

■青山七恵 ゆれるマナー (単行本)

■早見和真 アルプス席の母

■今野敏 夏空 東京湾臨海署安積班

■山崎ナオコーラ あきらめる

■小林聡美 茶柱の立つところ (文春e-book)

 

 

 

2024年4月

■町田康 くるぶし

■辻村深月 あなたの言葉を

■片岡義男他 シティポップ短篇集

■池井戸潤 俺たちの箱根駅伝 上

      俺たちの箱根駅伝 下

■中居正広 Wピース なさいくん

■益田ミリ 今日の人生3 いつもの場所で

■宮藤官九郎 大人気ドラマでお馴染み! 不適切にもほどがある!

■辻堂ゆめ 二人目の私が夜歩く (単行本)

■河﨑秋子 絞め殺しの樹

■新川帆立 女の国会

■島田潤一郎 長い読書

■歌野晶午 それは令和のことでした、 (単行本文芸フィクション)

■大沢在昌 魔女の後悔

■千早茜 グリフィスの傷

■奥田亜希子 ポップ・ラッキー・ポトラッチ

■岸本葉子 60代、ひとりの時間を心ゆたかに暮らす

 

2024年5月

■池澤春菜 わたしは孤独な星のように

■京極夏彦 もののけdiary

■吉田修一 言葉というもの (968;968)

■椎名誠 続・失踪願望。 さらば友よ編

■伊吹有喜 娘が巣立つ朝

■京極夏彦 もののけdiary

■佐藤優 死の言葉

■住野よる 告白撃

■東野圭吾 クスノキの女神

■今村翔吾 海を破る者

■荻原浩 笑う森

■古内一絵 東京ハイダウェイ

■岸本佐知子 わからない

■山内マリコ マリリン・トールド・ミー

■最果タヒ 恋と誤解された夕焼け

■池澤夏樹 ノイエ・ハイマート

■阿川佐和子 レシピの役には立ちません

■中山七里 ドクター・デスの再臨

■河﨑秋子 愚か者の石

■群ようこ 六十路通過道中

■吉本ばなな 幸せへのセンサー (幻冬舎単行本)

■柴崎友香 あらゆることは今起こる (シリーズ ケアをひらく)

■加納愛子 かわいないで

■中山七里 鬼の哭く里

■三宅香帆 娘が母を殺すには?

■岩井圭也  われは熊楠

■小林エリカ 女の子たち風船爆弾をつくる

■坂井眞理子 見えない世界を見る: 幻想童話集

■鹿島茂 新版]馬車が買いたい! (書物復権)

■彩瀬まる なんどでも生まれる

■穂村弘 迷子手帳

■西加奈子 私の身体を生きる

■森田めぐみ 書店員は見た! 本屋さんで起こる小さなドラマ

■佐藤ひかり 鳥と港

■小野寺史宜 町なか番外地

■真梨幸子 教祖の作りかた

■川瀬七緒 詐欺師と詐欺師 (単行本)

■小路幸也 失踪人 磯貝探偵事務所ケースC

■沢木耕太郎 心の窓

■赤松利一 あじろ

■伊藤比呂美 野犬の仔犬チトー

■新堂冬樹 シン人間失格

■白石一文   Timer 世界の秘密と光の見つけ方

■梨木香歩  ここに物語が

 

 

 

 

2024年6月

■泉鏡花 泉鏡花きのこ文学集成

■吉野万理子 6年2組なぞめいて

■秋吉理香子 眠れる美女

■桜木紫乃 谷から来た女

■森まゆみ 谷根千の編集後記

■桐野夏生 オパールの炎 (単行本)

■京極夏彦 了巷説百物語

■芹沢央 魂婚心中

■みうらじゅん 通常は死ぬ前に処分したいと思うであろう100のモノ

■松田青子 お砂糖ひとさじで

■結城真一郎 難問の多い料理店

■高橋源一郎 「不適切」ってなんだっけ これは、アレじゃない

■辻山良雄 しぶとい十人の本屋

■遠田潤子 緑陰深きところ

■あさのあつこ おもみいたします 凍空と日だまりと

■プレイディみかこ 転がる珠玉のように (単行本)

■鹿島茂 パリの本屋さん (単行本)

■万城目学 六月のぶりぶりぎっちょう

■今村昌弘 明智恭介の奔走

 

 

 

 

2024年7月