Web Analytics Made Easy - StatCounter

うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【レビュー】怖い村の話:宝島社

 

怖い村の話のレビューです。

 

 

☞読書ポイント 

「村」「島」「禁忌地帯」、そして「怖い奇習」。怖すぎて逆に「都市伝説」であって欲しいと思った話も。とにかく、次々と怖い話がやって来る。

 

怖いのに、眠い。途中まで一向にページが進まなかった。

 

タイトルからも一目でわかる怖い本。感想は「怖い」ということをまずは書きたいところだけど、この本、とにかく読んでいるときはずっと「眠かった」といった印象。なんなんでしょう。昼夜問わず、短い話にもかかわらず、ひとつの話を読み終えるのにとても時間がかかる。酷い時は10行ぐらいで本を閉じてしまったり。まるで読まれることを拒否されているかのよう、先に進めなかった。

 

大まかな構成は、

・怖い村の話

・怖い禁忌地帯

・怖い島の話

・怖い奇習

 

ということで、怖い話は「村」だけではありません。どの話も怖いんですけど、とにかく「村」の話は、読み終わるまでずいぶん時間がかかった。酷いスローペース。「禁忌地帯」の話からようやくスピードupした感じです。

 

 

 

それだけ「村」関係の話は重かったのかなぁ。自分が本書で最も怖いと感じたのは「島」にその怖さが凝縮されていたように思う。「生きた人間を的にする東京近海の射撃訓練場」の話は、本当なのか?と思わず疑ってしまうほど。事実としたら、これをどう捉えたらいいのだろう。現実だとは思いたくないので、逆に都市伝説であって欲しいと願ってしまう。

 

また、何の話だったかな...「.この先は自己責任で読んでください」みたいな注意書きがあった話もあり、なんだか知ってしまうのが怖くて、その先は読めませんでした。

 

あとはねぇ....歌舞伎町界隈の話は恐らくリアルなんだろう。「大島てる」のサイトを思わず見てしまいたくなる地域があるんだけど、本当にゾワゾワが止まらない。

 

とにかく結構な危険地域に足を踏み入れているという感じで、くれぐれも今後の取材は、気を付けて欲しいと思う。

 

【つなぐ本】本は本をつれて来る

*怖い村といえばこちらも。

やはりと言おうか。「怖い村の話」で登場しました。

www.readingkbird.com