Web Analytics Made Easy - StatCounter

うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【レビュー】美しい繭:櫻木みわ

 

美しい繭:櫻木みわ著のレビューです。

 

 

 

☞読書ポイント 

美しい文体、作品の持つ静謐な雰囲気、異国情緒。つかみどころのない話ではあるけれど、旅をしながら浄化され、再生していくような不思議な感覚があった。素敵な物語。

 

ちょっとした異空間で過ごす貴重な日々

 

毎日本は読んでいるけれど、「これは!」という作家さんに出会うは年に1度あるかないか。まったく出会いのない1年っていうこともざらにある。ということで、その希少な本との出合いが、今年は巡って来た。

 

櫻木みわさん。初読みにして、すでにファンになってしまった。ということで、プロフィールを記しておこう。

 

櫻木みわ : 1978年福岡県生まれ。タイ、東ティモール、フランス滞在などを経て、2018年に作品集『うつくしい繭』で単行本デビュー

 

まだ作家生活は短いようですが、逆にこれがデビュー作だと思うと胸が震えます。あちこち海外滞在歴があるようですね。東ティモール、ラオス、南インド、南西諸島と、本書もあちこちと舞台を変えながら、その土地土地を思い切り感じられる小説に仕上がっているのも納得。現地を知っている者しか書けない描写が秀逸です。

 

 

 

4つの短編集です。

どの話も最初はちょっとつかみどころのない不安な気分になるのだけれども、やがて、光が見えて来る感じが実に心地よい。こうしたジャンルは本当に好きなタイプの小説なんだけど、如何せん感想を書くのが難しい。書こう書こうと思いながら書けなくて時間が経ってしまった(泣)...ということで今回は一番気に入った表題作の「美しい繭」についてちょっとだけ。

 

旅をしている恋に傷つき疲れ果てた一人の日本人女性が、帰国途中の空港で、ある女性と偶然の出会い。彼女のすすめにより、傷ついていた女性はある施設を訪れることにした。

 

そこは携帯の電波もないラオスの僻地。施設は知る人ぞ知る富裕層向けの施設で、大きな繭のような「コクーン・ルーム」という部屋がある。ゲストはそこで「トリートメント」を受けることが出来るのです。

 

彼女はそこでしばらく働くようになる。やがてずっと大好きな作家であったシャン・メイがやって来て対面。シャン・メイの許しを得て、代わりにトリートメントを受けることになる。トリートメントを受けた彼女が体験したことは.....。

 

かなりざっくりな説明なので分かりにくい世界だと思いますが、んーなんていうのかな~ラストは大きなカタルシス効果とでも言おうか。なんだかわからないけれども、ツーッと涙が流れてしまう。これは感情が揺さぶられて流れた涙でもなんでもなく、ただただ、何かが戻ってくるような、懐かしいような不思議な水のような涙だった。

 

自分の記憶の再生、過去の人々とのつながりなどが蘇り、それらが何もかもを浄化してくれるような....。魂の旅をしてきたような....。

 

あれこれ書くべきことはたくさんあったのに、やはり上手く伝えられない。けれども、大変素敵な作品に出会えたということは確かです。美しい文体、作品の持つ静謐な雰囲気、異国情緒。そして各国が抱えている問題、歴史。最終話の南西諸島の話に辿り着くまで、本当にいろんな場面を見てきた。

 

ということで、また新たなお気に入りの作家さんが増えました!次作も出ているようですし、楽しみがまたひとつ増えました。まだまだ知名度は低いですが、注目される日も近いかも!?ですね。

 

【つなぐ本】本は本をつれて来る

*期待高まる次作

「美しい繭」が好みに合った方は、必ず次作も気になるはず。