Web Analytics Made Easy - StatCounter

うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【レビュー】春の夢―或る台湾人女性の物語:山中啓二、許旭蓮

 

春の夢―或る台湾人女性の物語:山中啓二、許旭蓮著のレビューです。

 

☞読書ポイント 

統治時代の台湾人に起きていたこと、当時の人々の心情等々、本書を通してしっかりと感じ取ることが出来ます。ことに結婚を約束したふたりが離れ離れになり、その後の長い人生がどうであったか。戦前から現在までを辿る。

 

ある台湾女性の人生から見えてくるものとは?

 

なにかとても得るものが大きかった一冊でした。と言うのも、戦前から戦後までの話を通して、当時の日本、台湾、中国の関係性が、人々の生活からはっきり見えたと実感。

 

恥ずかしながら当時の三国間の関係性について、いまいち自分の中で掴み切れてない部分があって、いつかちゃんと知りたいなぁ...というか、知らなくてはならないと思っていた。今回物語を通して無理なく理解できたのがなによりも収穫です。

 

舞台は横浜。横浜と言えば中華街。今ではとても近くにある中国といった感じで、たくさんの人が訪れる場所。しかし華僑の人たちは、どのような経緯であの街に古くから住み続けているのだろうか?本書は戦前から戦後までを通し、当時の様子を綴っている。そこには戦争に翻弄された人々の様々な過去が浮かび上がる。

 

特に結婚を意識した恋愛真っただ中の若い二人が、戦争によって離れ離れになり、その後、音信不通になってしまう。彼らのその後の人生がどうであったのか?よくある話に聞こえてしまうかもしれないけど、これがまたとても深みのある展開になっている。

 

魅力的な人々がたくさん登場するのですが、特に核になる人々はみんな思慮深く、誠実で、人として素晴らしい。互いの立場をこんなにも思いやり、考えて行動できるなんて!自分だったらどうだろう?自分の想いだけで突っ走りそうだなぁ...なんてことを考えてしまう。

 

 

 

本書は中華街の歴史に留まらず、日本と台湾の関係、戦争、植民地、家族、女性の生き方、仕事、恋愛、結婚、アイデンティティ等々、今のわたしたちも引き続き考えなければならないテーマがたくさん描かれている。

 

また、当時の横浜の様子も知れて楽しい場面もたくさんある。有隣堂に欲しい本を探しに行くなんて場面に「おっ!」となったり(笑)とにかく、2019年に辿り着くまでの長い長い話は、最後までじっくり読める内容だ。離れ離れになった二人の行方も含め、目が離せません。

 

台湾旅行をすると、日本語を話せる人にたくさん出会う。親日的であることを肌で感じたのは、かれこれ20年くらい前のこと。台湾の知人に手厚いおもてなしを受けた経験があります。今でも笑顔で迎えてくれた彼らの表情はずっと忘れられません。

 

そして、現在も震災などですぐに手を差し伸べてくれる国は台湾だ。個人個人の付き合いはもちろんのこと、国と国との友好関係もずっと続いている。そんな台湾との友好関係の土台を築き上げた人々と、中華街から溢れ出ている活力の源を、ぜひ本書から感じて欲しい一冊です。

 

【つなぐ本】本は本をつれて来る

*こちらは美味しい台湾料理

大好きな1冊です!

台湾の大家族と、ダイナミックな台湾料理に魅了されます。

www.readingkbird.com