うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【レビュー】職業としての小説家:村上春樹

職業としての小説家:村上春樹著のレビューです。

職業としての小説家 (新潮文庫)

職業としての小説家 (新潮文庫)

 

 

 

棚マルきっかけで村上春樹氏と再会してみて思ったことをつらつらと・・・。

 

村上春樹氏の本はある時期をさかいに読まなくなった。
特に嫌いになったというわけでもないのにごく自然に読まなくなった。
恐らく当時の自分の状況にもっとフィットした作品にたくさん出会えたからじゃないかと思う。

村上春樹という名がどんどん大きくなり、騒がれ、称賛され、どこか遠い世界の作家になったのだなぁ・・・と感じたのもその頃だったと思う。

しばらく遠ざかっていた作家との意外な再会を果たす機会をもらえたのが本が好き!の企画である棚マル。

本書の推薦がなかったら、もしかしたら私は村上さんの本を手に取ることがまたしばらくなかったかもしれない。そういう意味でもなかなかいい再会を果たせたなぁという気持ちです。

作家デビューから現在に至るまでのエピソードの数々から村上春樹氏の人となりを十分知ることが出来る一冊であった。

とにかく書くことに関しての姿勢は「職人」そのもの。
ゲラが真っ黒になるほど何度も書き直し、机に並べたHBの10本の鉛筆がどんどん短くなるという徹底ぶり。それに喜びを感じるというから根っから書くことが好きなちょっとした変態さんなのでしょうな。

凡人には真似できないものがそこにあるのだが、書き直したところは必ず前より良くなっているという話は、文章を書いている人たちにはピンとくるものがあるのではないだろうか。

1日5時間机に向かい、運動と適度な休息を取り、体調管理をきちんと行いながら文筆活動するなど、本質的にとても真面目な方なのでしょう。

とにかく書くことに集中し、書くことだけに専念したい。
作品に対していろんな批判は出るけれど、読みたい人が読んでくれればそれでいい。

ファンとの交流もほとんどないらしいが、彼の中ではファンとは根っこが繋がっている感覚があり、そういうこと大事にして作品を作っている。ファンと根っこが繋がっているという話はとても素敵だなぁと思う。

わたしは村上さんのことをクールでプライドの高い方だとずっと思っていた。
もちろん本書を読んでそう感じる部分もあるのですが、なんというか、純粋に書くことが好きで、とても真摯に作品に取り組んでいる方なのだということが解った。

わたしが村上作品を気軽に読んでいたのは初期のもの。
夜中のキッチンで執筆されていたという作品たちだ。

それ以降読まなくなったのは、もしかしたら、村上さんが本腰を入れて取り組んだ作品が、当時の私には息苦しく重く、ちょっと面倒に感じたからなのかもしれない。

こんな風に作家の歩みと自分の読書の歩みが重なるような感覚や気づきがあったのも面白かった。疎遠になった作家との距離の謎が紐解けたような気がした。

あれから数十年。
贅肉を排除し、さらに鍛え抜かれた村上作品はどう変わっているのだろうか?私自身、まずはこれまでインプットされた村上さんに関する様々な固定観念をそぎ落とし、もう一度まっさらな気持ちで村上作品を読んでみたいと思えた。

最後に、本書はちょっとしたサロンで直接村上さんからお話を聞いているような感覚で読めます。

誰にもどこか必ず響いて来る箇所がある本だと思います。ファンじゃないとなかなか手に取らないかもしれませんが、私がこの本を手に取ったように、誰かもまたこの本を手にし、村上春樹作品との再会を果たせる機会になればいいなと思います。

余談ですが、春樹ファンの男女比率は同じくらいらしいが、特に女性は美人が多いとのこと。それって本当なの?検証してみたいものです。