うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【レビュー】ソナチネ:小池真理子

ソナチネ:小池真理子著のレビューです。

ソナチネ (文春文庫)

ソナチネ (文春文庫)

 

 

◆クラシック音楽が聞こえてきそうな大人の女性の官能

 

 

官能というと激しいものを想像しがちだが、小池さんの描く官能の世界は
激しいというよりも、どこかエレガントなムードが漂う。

 

それはちょっとした視線の絡み合いであったり、
ちょっとした触れ合いから、抑えがきかなくなり
解放されてしまう感じとか。

 

・・・と書くと、官能全開という雰囲気だが、女性の気持ちの変化などが
実に丁寧に描かれているせいか、厭らしい感じがしないのが小池さんならでは。

なんというか、やはり大人の女性の小説に仕上がっているのです。
ついでに言ってしまうと、タイトルに感化されてちゃったのか、
小説全体にクラシック音楽が流れている感じがするのです。

 

7編の短編の中で、風変わりだったのは「交感」。
ある女性作家の愛読者である老人が、彼女に手紙を出すことによって
関係が始まります。

二人は徐々に心を開き合い、思いやりある言葉を掛け合う。

 

一度も顔を合わさず、話は終わってしまうのだが、

たった数か月の文字だけのやり取りなのに、

この二人の濃密な時間がとても印象に残る。
恋文でもなんでもない往復書簡なのかもしれないが、

切ない最後に目頭が熱くなっていた。

 

どの話も短いわりに濃厚な香りを放っている。
以前は恋愛小説が中心の作風が多かったように思われるが、

ここ最近、そこに「老いること」「死ぬこと」についてが

少しずつ加わり、より一層深みを増して来た小池作品は、

今後ますます楽しみだ。どんどん長編も書いていただきたいと思う。

 

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com