うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【レビュー】ご本、出しときますね?:若林正恭

 

ご本、出しときますね?:若林正恭著のレビューです。

 

作家の素顔は思っている以上に「濃ゆい」

 

BSジャパンで放送された人気番組を書籍化したものだそうです。この本を読んで、どんなに楽しい番組だったのだろう~と、番組自体全く知らなかったことに悔しみが押し寄せます。

 

まずは、登場する作家の一覧をご覧ください。

新刊欄を賑わす、今を時めく若手の作家さんの名前が並びます。

 

みなさん、作家の枠を超えて結構交流が深いみたいで、お喋りもフラットな感じです。特に西加奈子さんは自宅のお花見で、皆さんをご招待しているせいか顔が広く、本書でも登場回数がやたら多い(笑)

 

作品からは想像がつかないような作家の『素の部分』や『闇』が、会話の方々から流れ出すといった雰囲気で、「へえぇー意外」と思うことが何度もありました。

 

 

 

特に作家間での村田沙耶香さんの注目度は高いです。作品がではなく、人物にです。会話を聞いていると、なるほど、個性的というか変わっているというか。日常でもかなり特殊な体験をされていて、エピソードが結構強烈!「大丈夫なん?」と誰もが思うのではないかな。とにかく独特な世界の中で生きている方なのだなぁーと、知れば知るほど感じます。今後、かなり村田さんに注目してしまいそうです。

 

佐藤友哉×島本理生では、お二人がご夫婦であったことを知りました。作家同士の夫婦話は興味深いものがあります。また、窪美澄さんと同期との関係性も爆笑しながら読ませてもらいました。賞レースとか、意外にも感情剥き出しで争っていたのですねぇ。また、海猫沢めろんさんの不思議ちゃんな雰囲気も面白どころです。

 

というか、どの作家もはっきり言って「濃ゆい」のです。そこに若林さんがツッコミを入れているんですが、みなさん「動じず」的な感じがさらに濃ゆい(笑)

 

本書は本周りのことについてはもちんのこと、作家の素顔が知れる本でもありました。

一応、各章の最後には「おすすめの本」が処方されています。好みの作家さんがすすめる本ならばと、ついついまた読みたい本のリストが伸びてしまいます。

 

さぞ、楽しい番組だったのでしょうねぇ。

いつかこの番組が復活されるか、再放送されるかを願っています。