うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【レビュー】オンナの奥義:阿川佐和子・大石静

 

オンナの奥義:阿川佐和子・大石静著のレビューです。

オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉

オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉

 

 

良いパートナーにも恵まれ、益々パワフルなおふたり!

 

阿川さんと大石静さんの対談本です。
とても人気があったようで、図書館でおそらく半年以上は待ったかな。面白くて読むのはあっという間だったと言うのに。

 

「無敵のオバサンになるための33の扉」というサブタイトルが付いています。無敵がどうかは判りませんが、お二人とも日々忙しく動き回っているからか、オバサンという雰囲気がなく、とてもイキイキしていらしゃる。特に最近ご結婚された阿川さんは、とても楽しそうでなにより。

 

ご主人がこれまた楽しい方のようで、阿川さんとの会話に思わず吹き出してしまったほど、ほのぼのと楽しい。熟年結婚の旨味が思い切り感じられ、なんだかこちらまでハッピーな気分。

 

大石さんもご結婚されていますが、こちらは夫婦の枠を超えた関係を築き上げているというか、なかなかぶっ飛んでいます(笑)占いの話はちょっと凄いものがあったなぁ。

 

話は湯水のごとく湧くように展開されています。下着や恋愛話などわりとライトなものから、仕事や死や更年期などシリアスな話など、人生経験豊富なお姉さま方の話を拝聴している気分になれます。

阿川さん、画面からはいつも若々しく元気なお姿とお見受けしていましたが、更年期のホットフラッシュなど、結構大変な時期を乗り越えて来ていたのですね。

 

とにもかくにも、先を歩いている先輩方の話って面白い。お二人ともまだまだ現役バリバリ。良きパートナーと手を携えながら、お仕事に邁進していただければと思う。