うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

器つれづれ:白洲正子、藤森武

器つれづれ:白洲正子、藤森武著のレビューです。

器つれづれ

器つれづれ

 

 

 

◆この時代まで生き続けてきた陶器や道具たちは、逞しくもあり、美しい。

 

 

白洲正子さんからの最後の1冊となった本です。

白洲さんが骨董好きであることは有名ですが、

ことあるごとに「白洲さんもね…」と同じく骨董好きの母が

彼女の本をよく読んでいることから、間接的にではあるが

長年情報を聞かされて来ました。

最近になって、私もなんとなくこの世界が気になりはじめ、
今まで聞き流していた母の話も、案外面白いことが分かり
少しだけ…と、ページをパラパラめくったのがこの本。

白洲さんが愛情を持って集めたふだん使いの器や道具150点。
写真と、骨董を通しての友人たちのエピソードや、

骨董への想いが綴られています。

この時代まで生き続けてきた陶器や道具たちは、
逞しくもあり、美しいなぁと何度思ったことでしょうか。

一般的にこういう趣味の世界は、初心者や素人には

読みにくい書物ばかりだという印象でしたが、

白洲さん自身が骨董に対して余計な貴重品扱いをしていない、
気楽に使って愉しむものという価値観であるので、

私のような者にとっても、すんなり無理せず読めてしまいました。

例えば、漆かきの職人が腰に下げていたとい漆桶。
一輪ざしとして、白洲さんは使っています。

漆桶の存在自体知らなかったわけですが、
私自身が今、江戸ブームに入っているので終始感動。
この時代の陶器や道具は、見ているだけで心躍りました。

それにしても、白洲さんは男前レディ!
言うことにメリハリがあり、サバッサバッしている。

どんなに上等で高い品物でもお蔵にしまったり、棚に飾るだけでは
自分のものにならないと言う。

白洲さんの器などは、毎日そばに置き、荒っぽく使っていたそうだ。
瑕がついたり、はげたりするけど、道具はそこまで付き合わないと、

自分のものにならないときっぱりおっしゃる。
人生論にも繋がりそう言葉ですよね。

「割ったらどうしよう~」なんて考えず、ガシガシ使っている

様子が窺えなんだか格好いいなぁ。

そんなこんなで、あっという間に一気読み。
それにしても、この世界、知ってしまったらどこまでも…という気がして
興味を持って良いものか、なにか危険な予感がする。

 

 

<