うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【レビュー】Bon Voyage! 世界に恋する旅時間:YUKA

 

 Bon Voyage! 世界に恋する旅時間:YUKA著のレビューです。

Bon Voyage! 世界に恋する旅時間 (KanKanTrip24)

Bon Voyage! 世界に恋する旅時間 (KanKanTrip24)

  • 作者:YUKA
  • 発売日: 2020/11/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

いろんな国のHAPPYが詰まった旅本

 

(本が好き!の献本書評です)

 

国内も海外も旅行を封印している現在。どうせ読んでも今は行けないからなぁと、旅本もしばらく遠のいていた。しかし、お正月くらい旅気分を味わいたくて、しがみついたこちらの本。ちょっとの間でしたけど、新鮮な空気が体内を駆け巡った感じがして、リフレッシュできました。

 

本書はなんと言っても写真が綺麗。旅本は写真が命。まるで旅のアルバムを見ているようなワクワク感も味わえます。また、その場所を紹介する見出し部分が、なんともココロをくすぐるのです。

 

はちみつ色の村を巡るコッツウォルズ地方の旅

はちみつ色の村ってどんなよ??黄色いの?どうなの?

 

古本屋さんでアンティーク紙モノ探し

もう誰も止められない。古本にアンティーク紙モノという最強の組み合わせ。お店に入ったら、もう出て来られないでしょう。(←預言者かい!)

 

馬車が行き交う中世の古都クラクフ

確実にいる、どの馬車に乗ろうか迷っている自分の姿が。狙いは真っ白な馬車かな。お姫さま気分?なんつって。

 

 

 

おもちゃ箱を旅するポズナンの街

なーんてメルヘンな町並みなんでしょう。目をランランとさせて絵本のなかにいるかのように浮かれている自分が見えます。(←霊能者かい!)

 

神秘なドナウ川 煌めく夜景に心震えるブタペスト

美しい、夜景大好き、ぜひとも心を震わせたいと、ワナワナしながら夜景に釘付け。

 

魔法にかかったローズピンクの街マラケッシュ

魔法にかかってしまった?と思うほどミラクルな出来事が次々と起こる摩訶不思議な街です。と書いてある。うぉーーなんだろう?ピンクの建物が多く、体温が1℃くらい上がりそう。気持ちも上がりそうな雰囲気だが….いかに(笑)

 

これらは読んでいる時のわたしの呟きです。他にもまだまだ可愛い刺繍を見ては手に取ってみたくなったり、美しい風景を見てはその写真に深く入り込んじゃったり、アンティーク家具を見てはうっとりと。仕舞いには「もうどこでもいいから、わたしを蚤の市へ連れてって!」と呟く始末。非常に自分の中では騒がしい読書でした。

 

そして、本を閉じて思ったのは、これらの美しい国々の人々は今どうしているのだろう?ってことです。海外からのニュース映像はここ1年悲しいものばかり。本書のなかの明るい人々の表情、賑やかな町並みも、今はきっと閑散としていることでしょう。憎きコロナが暴れていても、これらの風景は決して失われないと信じて、いつか訪れたいという場所に思いを馳せるのでありました。