うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【5時に夢中!エンタメ番付】7月場所(2020年)

 

 

東京MXTVの5時に夢中!で紹介された本や映画を紹介します。

新潮社の中瀬ゆかりさんが番組内のコーナーで、月に1度、3本ほど紹介しています。

以下は、おおまかなあらすじと、中瀬親方が話していたことを簡潔にまとめたものを掲載しています。

 

さて、親方はどんな本を紹介してくれるでしょう。早速見て行きましょう!

 

 

 

 

【関脇】映画:オフィシャル・シークレット

officialsecret-movie.com


 ■内容

キーラナイトレイ主演、イラク戦争を止めようとしたある女性の衝撃の実話。

 

中瀬さん:

心理描写がサスペンスタッチでハラハラ。非常に骨太な物語になっている。驚きの結末が待っている。本当にこんなことがあったんだっていう事実を見せつけられて非常に驚いた。

 

 

 

 

【大関】コミックエッセイ:今日も厄日です:山本さほ

きょうも厄日です 1 (文春e-book)

きょうも厄日です 1 (文春e-book)

  • 作者:山本 さほ
  • 発売日: 2020/06/30
  • メディア: Kindle版
 

 

 ■内容

毎日が落とし穴だらけ…!
露出狂おじさん、免許失効、悪質エステに整骨院…電車の中で、Twitterで、旅先で、学生時代に…いつ何時でも、なぜかトラブルばかり引き寄せてしまう山本さんの実録ハプニング・コミックエッセイ!!文春オンライン大人気連載に、大炎上したあの区役所との闘いを大幅描きおろし!!━━━━Amazonより

 

 中瀬さん:

非常に味わいのある絵で、なんか昭和のテイストもあったりする。本書は著者の実体験。何故かさほさんの周りはトラブルばかり起こる。飼い猫の話や、切ない恋の話などもある。特に世田谷区役所とのすごいトラブルの話が、読みながら「ウソでしょ」っていうぐらいスゴイ。ネットでも評判になったトラブルだそう。どれもさほさんが引き寄せる、笑っちゃうんだけど酷かったり、笑っちゃうんだけど怖かったりする話がいっぱい入っていて非常に面白かったです。

 

 

 

【横綱】小説:首里の馬:高山羽根子

【第163回 芥川賞受賞作】首里の馬

【第163回 芥川賞受賞作】首里の馬

 

 

 ■内容

第163回 芥川賞受賞作
沖縄の古びた郷土資料館に眠る数多の記録。中学生の頃から資料の整理を手伝っている未名子は、世界の果ての遠く隔たった場所にいるひとたちにオンライン通話でクイズを出題するオペレーターの仕事をしていた。ある台風の夜、幻の宮古馬が庭に迷いこんできて……。世界が変貌し続ける今、しずかな祈りが切実に胸にせまる感動作。━━━━Amazonより

 

中瀬さん:

資料館の色々な蓄積、クイズ、謎の馬、この3つが意外な交錯をしながら展開。

芥川賞作品でちょっとハードルが高いな、難しいかな、と思っている方に是非読んでもらいたいとのこと。中瀬さんはクイズの場面が好きだそうです。

 

 

******

山本さほさんの世田谷区役所との話、ネットで見たことがあったのですが、まさかこうしてコミックエッセイになったとは!すごいなぁ。ということで、今週の横綱は、芥川賞受賞作でした。

 

 今月はここまで。それではまた来月。

 

 【過去のエンタメ番付】

 

www.readingkbird.com