うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【5時に夢中!エンタメ番付】11月場所(2019年)

 

 ■中瀬親方のエンタメ番付11月場所(2019年)

 

東京MXTVの5時に夢中!で紹介された本や映画を紹介します。

新潮社の中瀬ゆかりさんが番組内のコーナーで、月に1度、3本ほど紹介しています。

以下は、おおまかなあらすじと、中瀬親方が話していたことを簡潔にまとめたものを掲載しています。

 

 

 【関脇】漫画:JKハルは異世界で娼婦になった1

 

 

「それが、この世界での、あたしの新しい生き方。」
男尊&女卑がはびこる異世界で、少女にできることは「身体を売る」だけだった――。どこにでもいる普通の女子高生・小山ハルは、ある日交通事故に遭い、気づいたときには異世界に転移していた。チート能力も授けられず、男しか冒険者になれない状況で、ハルは酒場兼娼館の『夜想の青猫亭』で働くことに。同じく現代からやってきた同級生・千葉セイジ、娼館で働く女性たちやハルに想いを寄せるスモーブとの出会いを経て、異世界に溶け込み初めたハルを待ち受ける運命とは……!?
Web上に掲載され、絶賛を受けた異世界転生小説がついにコミカライズ!  Amazon内容紹介より

 

 小説をマンガ化したものだそうです。男尊女卑の異世界!?昔の日本の話かと思わせるような感じで描かれているそう。第一巻ということで、これからの展開が楽しみだそうです。

 

 

【大関】映画:テッド・バンディ

www.phantom-film.com

 

 ちょっと先の公開映画。

30人以上の殺害、3度の死刑判決、実存した殺人鬼。彼に殺されなかった一人の女性が知る衝撃の真実。テッド.・バンディにそっくりな俳優が演じているそうです。

 いわゆる犯罪ものですが、ちょっと変わった思いにさせられる映画だそうです。

 

 

 

【横綱】小説:青い秋:中森明夫

 

 

 青春には続きがある。
人生後半、「青い秋」のせつない季節だ――。
かつて〈おたく〉を命名し、〈新人類の旗手〉と呼ばれた。人気アイドルや国民的カメラマンらと、時代を並走した。フリーライター・中野秋夫。もうすぐ還暦で、自らの残り時間も見えてきた。人生の「秋」に差し掛かり、思い出すのは、昭和/平成の「青春」時代のことだ。自殺してしまった伝説のアイドル、〈新人類〉と呼ばれたあの時代、国民的美少女と迷デザイナー、入水した保守論壇のドン、そして、〈おたく〉誕生秘話――。東京に生きる、クリエイター、若者、アイドル、浮遊人種……それぞれの青春、それぞれの人生を丹念に紡いだ渾身の私小説。Amazon内容紹介より

 

 昭和、平成、アイドルたちとの交わりの中で、中森さんしか知り得ないすごい裏話などがどんどん出て来る。また、オタク、クリエターなどの話も、中森さんはすごく冷静な観察者として見ているとのこと。それぞれの青春、人生を丹念に紡いだ渾身の私小説。特に中森さんが付き合っていた彼女との思い出を書いたものには、中瀬親方も思わす落涙したそう。覗き見趣味的な意味から言えば、時代の最前線、時代を作って来た中森さんの告白という風にも読める非常に面白い作品だそうです。

 

****

 

「青い秋」はちょっと読んでみたいです。帯に又吉さんのお名前も見えますねぇ。

 

 

 【過去のエンタメ番付】

 

www.readingkbird.com

www.readingkbird.com

www.readingkbird.com

www.readingkbird.com