うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【ひるまえほっと・中江有里のブックレビュー】2019年11月20日放送分

 

NHKの「ひるまえほっと」内で、女優・作家である中江有里さんが紹介した本を掲載いたします。

 

番組コーナー紹介文

月に一度のブックレビューです。案内人は女優で作家の中江有里さん。年間300冊の本を読む中江さんが、幅広いジャンルからご紹介。あなたも夢中になれる1冊に出会えますよ!

 

■さんかく:千早茜

 

 

京都、長屋、美味しい料理、アラフォー、三角関係。食の好みと恋愛。

恋人より食の好みが一致する異性と一緒に暮らすって!?

 恋愛、食、千早さんの得意分野の作品ですね!

本書はわたしもチェックしています!

 

食欲、所有欲、人間の欲望が非常にリアルに描かれた作品だそう。

 

 

 

■お弔いの現場人:朝山実

 

 

葬儀にまつわるルポルタージュ。

憂鬱ですが、いずれは誰しもが考えなくてはならない葬儀問題。

そんな葬儀について考えるきっかけになりそうな一冊です。

 

遺品のリユースから霊柩車の種類まで、新しいサービスもどんどん出てきているみたいですね。ちょっと聞いただけで、本当にいろんなことが詰まった一冊であることが窺えます。

 

 

 ■Start Now! はじめて考える地球の問題:チェルシー・クリントン

 

 

著者は元アメリカ大統領のビル・クリントンとヒラリー・クリントンの長女だそうです。本書は小学校高学年向けぐらいから大人まで楽しめる本だそう。

 

聞かれたらちょっと言葉に詰まるような地球の問題を解りやすく書いてあるそうです。

例えば、飲み水ってどうやって作られるのか?など。

いじめの問題についてもあるそう。自分の問題として引き寄せて考える大切さに気づけそうな一冊です。アメリカの視点で描かれているので、逆に新鮮な発見がありそうで

 

クリントンさんのお嬢さんがこんなに大人になっていることにもびっくりでした。

映像で見ていたのはもう随分前のことだったのだなぁと改めて思いました。

 

***********

 

メディアで紹介されるブックレビューは出来るだけ見聞きしておきたいと思っています。今回はTwitterでこの番組のコーナーを知り、初めて録画して見ました。ブックレビューのコーナーはしっかり時間が取られていて、存分に感想を述べられていたと思います。(小説の内容についてはできればサラッとお願いしたいところ)次回も忘れずにチェックしたいと思います!