うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【レビュー】オキナワの家 :伊礼智

オキナワの家 :伊礼智著のレビューです。

オキナワの家 (くうねるところにすむところ―子どもたちに伝えたい家の本)

オキナワの家 (くうねるところにすむところ―子どもたちに伝えたい家の本)

 

 

 魅力がいっぱい、オキナワの家!!

 

絵本ですが沖縄の家に関しての情報がギュッと詰まった一冊です。これを読めば沖縄の建物が隈なく学習できると思います。観光で訪れてもなかなか民家の中までは見ることができない。石垣の向こう側の家は一体どうなっているのだろう~?そんな好奇心を満たしてくれる一冊でもあります。

図解で示される伝統的な家はとても開放的な間取り。
いつか別の本で知った沖縄の仏壇トートーメ―の置く位置などの由来など、なかなか奥深い話が満載。

家を守るシーサーは全国的にも有名ですが、その配置なども興味深い。そして、魅力的な屏風(ひんぷん)。さらに面白いのはあの世の住まい「亀甲墓」についても掲載されているのも面白い。友人から聞いてはいたけれど、お墓も庭なんかついていて、いや本当、ひとつの「家」という捉え方ができるのではないかな。

その他、なぜ沖縄にはコンクリート作りの建物が多いのか等、歴史から知ることが出来て楽しかったです。

最後にオキナワの家で一番羨ましいのは、「雨端」という大きな軒下空間。
雨の侵入を防ぐだけでなく、夏の強い日差しも防ぐという広い空間。ここで雨音を聞きながら遊べる子供たちは幸せだろうなぁ。

ということで、オキナワの家にお邪魔してきた気分になれる一冊でもありました。