うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

楽園のカンヴァス:原田マハ

楽園のカンヴァス:原田マハ著のレビューです。

 

楽園のカンヴァス (新潮文庫)

楽園のカンヴァス (新潮文庫)

 

 

◆マハさんのアート小説の幕開け

 

ルソー、ピカソなどの美術を扱ったミステリーですが、そちらの方面に詳しい方はもちろん、私のように全く疎い者でも興味を沸かせてくれる内容となっています。特に絵画との向き合い方、美術館やキュレーターの役割りなど全く未知の世界を見せてもらいました。

ひとつの絵には歴史があり描いた人の思いがあり、そして、それを継承していくたくさんの人々の気持ちで現在に至っている。この部分の面白さをこの本は、絶妙な設定で読者を楽しませてくれます。

ラストも素敵です。うーん、読んだあとの充実感。とても後味が良いです。そして、確実に絵画に触れてみたくなるでしょう。

 

同じ作家が書いた本なのかと思うほど、カフーの小説と雰囲気がガラッと変わっていてとてもびっくりしました。一冊読んだだけでは分からない…本当に小説家って凄いなと
改めて思いました。

今回は敢えて、細かい感想は抜きで、みなさんに読んで欲しい1冊ということを言っておきます。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

<