うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【レビュー】ツナグ:辻村深月

 

 

ツナグ:辻村深月著のレビューです。

ツナグ

ツナグ

 

 

 

◆今、一緒に居られる時間を大切にしようと思える1冊。

 

 

みなさんは亡くなってしまった誰かに会いたいと
思ったことがありますか?
少なくとも1人くらいは居るでしょうか?

 

ツナグとは、死者との間を取り持って再会させることが出来る
使命をもった者のことを、この話ではいいます。

 

突然死したバラエティータレント、親、親友、行方不明になった恋人
などに会いたいという依頼を受け、次々に再会をさせて行きます。

 

最終話ではツナグ自身について、またツナグから見た依頼人という
形でこれまでの話がよい感じで溶けていく。
そう、「溶ける」という文字が私にはしっくりきます。

 

きちんとお別れが出来なかった、こんな話を聞いておきたかった
これだけは生きているうちに伝えておきたかった等々。
失ってから気づくことが世の常。
果たしてもう一度会うことはお互いにとって幸せなことなのか?

 

いつか会えることを楽しみに、そして今、一緒にいられる時間を
大切にしないといけないとこの本は静かに教えてくれます。

 

余談ですが、飯島愛さんのことをこの中で出てくるタレントを
読みながら思い出しました。 

前半はずっとそのことが頭の中から離れなかったです。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com