うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【レビュー】野蛮な読書:平松洋子

 

野蛮な読書:平松洋子著のレビューです。

野蛮な読書 (集英社文庫)

野蛮な読書 (集英社文庫)

 

 

 

◆本は本を連れてくる…そうなんだよなぁ~と思わず頷くページ続出

 

 

会った瞬間から、マシンガンのごとく話し始める人って居ますよね。
別れたあとも、なんか耳がワンワンしちゃうような…
声こそは聞こえてきませんが、読後にこんな感覚になった迫力本。

 

いや、決してうざったいと言う意味ではなく、それくらい文字が迫ってくる
という気迫が感じられる文体であったということなのです。

 

平松さんご自身、きっと読むのも書くのも大好きなのでしょう。
泉のように言葉が次々に湧き出て来るのではないかと思うほど、
その語彙力、表現力に長けている方なんだという印象。
文字が飛び跳ねているというか、とにかく活きがいいのです。

 

こんな風に、感じたことをスラスラ表現出来ちゃうのは
なんとも羨ましい限りです。

 

平松さんの日々の出来事と、書評がうまく交わって行く内容。

※沢村貞子、山田風太郎、獅子文六、宇能鴻一郎、佐野洋子、
川端康成…など103冊を紹介しています。

 

なにげなく、話が始まっていくので、気付かなかったのですが、
最後に紹介された本のリストを見たら、1話に10冊くらい紹介されていました。

 

ちょうど「100年前の女の子」という書評を公開し、
その直後に、平松さんの同本の書評を読むことになった私。
同じ本を読んでいたことに喜びを覚える半面、どんな書評を

書かれているのか興味津々。

はぁ…言いたいことは一緒なのに…と、石ころを蹴りたい気分に(笑)

 

「本は本を連れてくる」…大きく頷いたこの一言。
シンプルなことなんだけど、読書の醍醐味って、まさにコレって思うのである。

 

平松さんの言葉通り、ここで紹介されたたくさんの本に刺激を受け、
読者はまた次の本へと繋がっていく。

 

読みたい本が山ほどある。
隙あれば活字を追い、新しい本を求め、所かまわず読み続けたい。
この本を読み、益々、読書の愉しみと喜びを実感しました。

 

タイトルの「野蛮な読書」…なんとも良い響きである。