うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【レビュー】有縁の人:瀬戸内晴美

 

有縁の人:瀬戸内晴美著のレビューです。

有縁の人 (新潮文庫)

有縁の人 (新潮文庫)

 

 

 

◆有縁の読者の元へ届きますように....と思わされた貴重な一冊です。

 

 

いわゆる文豪たち。
彼ら彼女らが実存していたのは確かなわけだけど、
どこか架空の人々という気持ちもある。
子孫の方の話や面影を感じる瞬間があってはじめて
「おぉーーやはり存在していたのだなぁ」と実感する。

しかし、瀬戸内さんにとって文豪たちは単なる本の人たちではなく、
リアルにお付き合いしてきた人たちなのだ。

さらに作家だけではなく、各界の有名どころとの交流も多く、
若い時から本当にすごい環境の中で過ごされていたのだなぁと。

もし自分が瀬戸内さんのような人生だったら・・・
なんとも幼稚な想像をめぐらしては、頭をクラクラさせていた。

瀬戸内さんが見たり聞いたりしたものは国宝と言っても
過言ではないほど貴重なものであった。

とにかく「うわっ」と声が出てしまうような大物登場に驚いては
楽しませてくれた本書。

特に一つ屋根の下で暮らしていたという谷崎の話は必見!

 

ふいに夜中に目が覚めた時など、何とも言えない
武者震いのような感動と、興奮が湧いて来た。


瀬戸内さんが谷崎と同じアパートに住んだ数か月の出来事を描いたページは、
どこをとっても興奮の渦の中にいる様子が窺え、ついにご対面というシーンまで
本当に楽しく読ませていただきました。

「うぉおお!リアル谷崎~~!!知ってるんだ?見たんだ!話したんだ!」
と、何度も心の中でつぶやいていた。

三島由紀夫と手紙交換したり、あだ名をつけてもらったりなんてことも
リアルにあった出来事。

まだ尼僧になってない晴美時代の出来事とは言え、
なんとなく不思議に繋がってゆく縁や、人との別れを感じさせられる文面も多い。

瀬戸内さんは時に「おくりびと」のような役割を担う人かと感じさせられる
知人たちの最期のシーンの数々。「宿命」という言葉が私の頭の中に浮かぶ。

この本だって過去の人々とわたしたちを「繋ぐ」という
大きな役割を果たしてくれている。

川端康成、円地文子、吉行淳之介、平林たい子、遠藤周作、
横尾忠則、小林秀雄、高見順、河野多恵子等々・・・・

まだまだ、まだまだ、有縁の人がたくさん登場します。

黒柳徹子さんの本を読んだ時も思ったけど、
長生きするとお別れの機会もそれだけ多くなり、
それはそれで本当にしんどいことだろう。

現在、秘書の方と楽しそうに余生を過ごしている瀬戸内さん。
こんなにたくさんの著名人と過ごした日々、今はどんな風に
振り返っているのでしょうか。

とにもかくにも本書自体も古いものになってしまい、
新しい本のなかに埋もれてしまっているけれども、
有縁の読者の元へ届きますように....と思わされた貴重な一冊です。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com