うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

「大阪のおばちゃんコレクション」の書評が図書新聞に掲載されました!

 

大阪のおばちゃんコレクション:前垣和義著のレビューです。

 

大阪のおばちゃんコレクション (玄光社MOOK)

大阪のおばちゃんコレクション (玄光社MOOK)

 

 

以前「図書新聞」に掲載していただいた書評になります。

 

f:id:uzumaki-guruguru:20170301135044j:plain

 

 

 

◆がおーー!

ヒョウ柄ファッション、ひったくり防止カバーまで大阪のおばちゃん考察!

 

 

大阪のおばちゃんと言えば「ヒョウ柄」と、お約束の話題からはじまります。

実際、大阪に住んでいるわけではないので、本当のところは判らないのだが、
とにかくトップスの「ヒョウ柄」だけでも、ものすごいバリエーションが
あるじゃないですか。

バーンと、トラやヒョウの顔が前面に描かれたものから、

どこにヒョウがいるのか判りにくい「だまし絵」的なものまで、

よくぞ作ったものだと驚きが大きい。

なんでも年齢とともに、派手、頭数が増える傾向があるとかないとか・・・。
洋服だけじゃなく、小物や、自転車のひったくり防止カバーにいたるまで
「ヒョウ柄」という徹底ぶり。恐るべし!
・・・というか、ひったくり防止カバーって初めて知った!

ファッションはヒョウ柄系もいれば、カラフル系、シック系、フラワー系と
他にもあるわけですが、なんてたってヒョウ柄系は取り上げている

ページ数からも圧倒的な存在感があるわけで・・・。

ファッション同様、次はヘアスタイルと続くのですが(パーマの話もすごい。
つまようじ使うって本当?)私が注目したのはその次の

「美しいおばちゃん言葉」です。

・「がーっと行って カッと曲がった角から2軒目」


  いや~これ、すごくわかりやすい(笑) カッと直角に曲がってしまいそう!

・「もうちょっとシュッとした服ないのん?」


 洗練されてたり、垢ぬけている様子に使われるらしいけど、
 これもなんかすごく伝わるものがありますね。

オノマトペを自在に使いこなす大阪のおばちゃん、リスペクト!

関西弁の「ありがとう」は心から言っている感じがあって、

個人的にものすごく好き。関西出身の友達がどんな小さな場面でも

「ありがとう」と自然に言う姿をよく見かけます。

関東人より「ありがとう」を発することが多いから、一緒にいると

私もつられて言う回数が増えるし、イントネーションも変わる(笑)

本書でも「魔法の言葉」と言われているぐらい、やはり聞いていて

気持ちいいですよね。

他にもおばちゃんの行動や、お悩み相談室、大阪のおばちゃん度

チェックなど、遊び心満載の内容です。

中川家の兄弟の考察もとても楽しい!

ところで、大阪のおばちゃんって年齢いくつくらいから?という
素朴な疑問を持っていた私。

大阪のおばちゃん予備軍さんたちの座談会によると、

息子が30歳すぎたくらい、60代後半ってイメージらしい。

ただし、見た目と行動の二方向、行動が先におばちゃん化する

症状が出るらしい(笑)

意外に年齢は高めだったけど、行動のおばちゃん化は若くても

・・・ってことですな。

いやぁ、、、なんだか大阪のおばちゃんたちは、引き出しが多すぎて
まだまだ知らないことがたくさんあるんだろうな~と、ますます興味を
持ってしまった次第です。