うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【レビュー】紅玉は終わりにして始まり (時間旅行者の系譜) :ケルスティン・ギア

紅玉は終わりにして始まり:ケルスティン・ギア著のレビューです。

紅玉は終わりにして始まり (時間旅行者の系譜)

紅玉は終わりにして始まり (時間旅行者の系譜)

 

 

 

◆タイムトラベルはロマンスの予感を乗せて~出発♪

 

 

タイムトラベルって言うと、「準備はいいか?さぁー出発!」
と、特別な乗り物に乗って行く・・・。

(気分的にはTDLのスペース・マウンテン)


そんなものを想像していたのですが、もうそんなのは古いのか、
こちらは旅立つ前に頭痛とかめまいが起きるという設定です。

 

しかも、この話の面白いところは、「遺伝子保持者」つまり
タイムトラベルの遺伝子を持つ者が16歳の時に症状が起きるというもの。
だから遺伝子を持つ者は、その日に向けて準備を整える。
過去の時代へ飛んでも困らないよう訓練を積んでおくのだ。

 

もし、あなたがそんなタイムトラベラーの遺伝子を持っていて、
ある日突然、江戸時代や平安時代の町に放り出されたらって想像してみて。

 

今の髪型、服装、言葉。
ちょん髷姿の人々の中で貴方だけスーツ姿!
不審人物として捕まりかねないですよね。

だから、タイムトラベルするにはその時代の知識だけでなく、
外見だって準備が必要なんです。

 

その時代に合わせ服をあつらえるシーンが話の中で出てくるのですが、
この場面がコスプレのようでとても楽しいです。

 

本書では16歳の現代っ子グウェンドリンがタイムトラベラーになる。
本当はいとこのシャーロットがタイムトラベラーとして育てられていたので、
グウェンドリンは何の準備もしてなかったのだ。
なので、初めてその日を迎えた時は、読者もハラハラドキドキです。

 

また、タイムトラベルの相棒・ギデオンとは反発しながらも、
ふたりの距離は徐々に接近中!甘い予感が漂ってきます。

 

なんといってもギテオンは女性たちを虜にするハンサム青年!
この先の二人の展開も楽しみです。

 

1巻目ということで、まだまだ色々な部分が謎だらけ。
誰が味方なのか?「誰も信じちゃいけない」という、
グウェンドリンのお母さんの言葉・・・。

 

グウェンドリンの今後は霧の中だけど、

最強の親友もついていることだし、きっと大丈夫!

 

まだまだ物語は始まったばかりです。
謎解きも重要だけど、ロマンスも厚めにお願いします!(笑)