うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【ショートレビュー②】作家と一日:吉田修一/靖子の夢:光浦靖子

◆作家と一日:吉田修一著のレビューです。

作家と一日 (翼の王国books)

作家と一日 (翼の王国books)

 

 

『悪人』『横道世之介』『怒り』等、数々の人気作品を

世に送り出す吉田修一さん。

ANAグループ機内誌『翼の王国』の人気連載「空の冒険」で掲載されたもの
を集めたエッセイ。機内誌だけに気軽に読める内容のものが多い。

 

独身生活を謳歌しているなーと思える旅や仲間たちとの
楽しいエピソードの数々。

 

「ポルトガルビーチでパトカーに乗る」という話は災難ではあったけど、
まるで学生時代のひとコマを見ているようなほろ苦い思い出話を
聞いているよう。
もちろん、吉田さんはもう大人ではありますが。

 

がっつり観光する楽しさもあれば、ホテルでのんびりする楽しさもある。
吉田さんのスタイルが後者。

本書を読んでいると何もしない旅をしたくなる。
ほんのちょっとだけ現実が欠けるような体験をしに・・・。

 

 

 

◆靖子の夢:光浦靖子著のレビューです。

靖子の夢

靖子の夢

 

 

「ばあさんになったら、沖縄でブローチを売って

暮らしたいのです。」という光浦さん。

 

趣味で羊毛フェルトのブローチを作っているのですが、

そのクオリティの高さにはビックリ。

本書でその本領が発揮された作品がたくさん載っています。

 

カワイイものから不思議なものまで種類も豊富!

中でもツボだったのは草野仁さんにプレゼントとして作った

「仁くん人形」はそっくり!

 

それを貰った草野さんの優しい反応と、極楽とんぼの

加藤さんが同じくプレゼントされた時にとった反応の

違いが面白い。

 

手作りって貰って嬉しいか否かは人それぞれ。

本書では受け取り側の反応の違いも見物です。

 

ブローチに向ける愛情がたっぷり詰まった一冊は

沖縄の空気感も同時に楽しめました。