Web Analytics Made Easy - StatCounter

うずまきぐ~るぐる 

読書書評ブログへようこそ!読んだ本についてのあれこれを思いのままにぐるぐるかきます。

【レビュー】デトロイト美術館の奇跡:原田マハ

 

デトロイト美術館の奇跡:原田マハ著のレビューです。

 

デトロイト美術館の奇跡 (新潮文庫)

デトロイト美術館の奇跡 (新潮文庫)

 

 

 

感動的ないい話ではありますが・・・

 

 

原田マハさんのアート小説を読むのは何冊目だろう。
読み終わる頃はいつもじんわり目頭が熱くなるという
経験を幾度となくしてきた。

 

今回も例外なく、同じように本を閉じる少し前に
じんわり来たのです。「あぁ、この感じ」と。

 

しかし本当に個人的なのことなのですが、
「この感じ」と毎回同じように思ってしまう自分に

少し嫌気が差したという。
なんとも我儘な読者だなぁーと、苦笑してしまいますが・・・。

 

 

 

2013年、財政危機に陥ったデトロイト市。
早速デトロイト美術館が売却のターゲットになってしまう。

 

そこに登場するのがデトロイト市民である男性とキュレーター。
二人の熱い思いが、やがて大きく実を結ぶまでの感動的な実話です。

 

いい話でした。

アートは友達、美術館は友達の家。
このスタンスもいつもと変わりない。

アートに対するそれぞれの立場から見る熱い想い、

一枚の絵画、友情、強い絆・・・と、基本的に

いつもと同じであります。
違うのはそれに付随する人々のエピソードかな。

 

そう、このパターンにちょっと「飽き」を感じさせられたのかも。
実話であるらしいので、パターンもなにもないのかもしれないけれど、
この流れに私は馴れすぎてしまったのかもしれません。

 

 

 

しかしながら、デトロイト美術館にこういった出来事があったことを
知れたのは個人的な感想とは別に良かったと思う。

 

ということで、マハさんの作品としばらく距離を置くべきか

悩むところだが、アート作品なら長編を読みたい。

「太陽の棘」のような、じっくり読みこめるものがいいなぁ。

 

本作に感動しながらも勝手な小言ばかり言ってごめんなさい。
ネガティブ感情が湧く書評は、極力アップしないようにしていたのですが、
でもでも~~~って複雑な気持ちで書評あげちゃいました。

 

なんだかんだ言いながら「リーチ先生」も

予約待ちだったりするのです(笑)
「女心と秋の空」ってことで・・・・。